工程管理

  

製作のご依頼

受注ソフトへデータの打ち込み
ご依頼頂いた内容を元に、受注管理ソフトにてデータを打ち込みます。この際に受注コードが決まります。
弊社では発注日を入力するタイミングで作業指示書が出力され、作業指示書にて全ての工程を進めてゆきます。
受注コードでデータを管理することで加工機と生産管理システムのやり取りが容易になります。

図面の展開 

3次元CAD/CAMでのデータ展開
図面のを展開作業に入ります。
弊社は3次元CAD/CAMに対応しておりますので、平面図だけでなく、お客様に合わせて2次元・3次元全ての図面に対応可能です。
また設計担当は7名おり、女性設計士も活躍しております。

レーザー加工・タレパン・曲げ加工など

レーザー加工
プログラムからデータを受取った加工機は受注コードを打ち込む事で、データを展開し加工を始めます。全てを自動化し生産ラインを組む事で、生産能力・効率も飛躍的に向上しました。量産はもちろん試作品などの単品にも対応可能です。加工中は加工機1台につき1人、専門のスタッフが、工程を管理しております。

溶接加工

TIG溶接・YAG溶接
各工作機にて加工を施した製品は、作業指示書と一緒に溶接に廻されます。
仕上げとなる溶接は、半自動溶接、TIG溶接YAG溶接により、溶け込みなどの強度や美観に重点をおいて作業を進めていきます。
薄板から厚板まで幅広く対応いたします。

品質管理から出荷

品質検査
弊社では、出荷の際品質チェックを3人の専任メンバーが行います。
作業指示書を元に、ノギスやコンベックスを使った寸法チェックだけでなく、カラーチェックや薬品検査も実行しております。数多くのチェック項目を設ける事で品質のムラをなくしております。また、製造記録を製作する事で、各工程の製造担当者を確認できる体制を整えてます。